Recent entries
2015/06/25 (Thu) 奥日光 中禅寺湖
2014/10/05 (Sun) 磐梯朝日国立公園

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日で5日目。 天候に関係なく着ています。
日課なったと雪山の散歩ですが! はたしていつまで続くやら・・・

今日の雪山は・・・
リックの中に、いつもは持って行かないもの「一冊の本」が入っています。

実は数日前に夢を見ました。
コークが我が家に来る前に読んだ「デューク」という犬の名前の本です。
何故かこの本に出てくる場面(?)が夢に出て、、、そしてそのシーンが鮮明に脳裏に残っています。
そして次の日、雪山に向かう途中、、、ラジオから聞こえてくる「デューク」の話!
その夜(昨夜)、デュークの本を探すため2階の押入れを見てみると・・・、ありました。

そして今日、久しぶりに読み返した瞬間!!! 
この雪山で読んでいる自分、、、見たことのあるシーンでした。

「デューク」、、、きっと知っている人も多いと思います。
この本は、以前大学入試センター試験の国語の問題として全文が出題され、試験中に涙を流す受験生が続出したことでも有名で、社会的にも話題となった本です。

簡単なあらすじですが・・・
『晴れた朝。暖かい日差しの中を、ボロボロ涙をこぼしながら歩いている立花香子(21歳)は周囲の目も気にせずに乗バスに乗り込んだ。
ふと見ると目の前座る、あどけない少年と目があった。
「どうぞ」と、少年に促されるまま席に座った香子だが、まだ泣きやまない。
8歳のときからずーっと一緒だった犬のデュークが今日、死んでしまったのだ。
ひとり喫茶店でデュークとの出来事を思い出している香子に、電車の座席を譲ってくれた少年が声をかけてきた。
マイペースに話しかけてくる少年の笑顔が、いつしか香子の涙を晴らしていた。
ふたりは何時しか惹かれ合いキスを交わす…』 と、、、
続きの知らない人は、買って読むといいですよ。

散歩中にこんなこと(読書)が出来るのもアーリーが着てからです。
ほとんど二人で遊んでくれるため私がすることはなくなりました。
ましてこんな山の中では、車も人もいないので見ている必要も無く、安心して本も読めます。
今、、、左手にはコーヒーが、右手に本が・・・
そしてコークとアーリーはというと、このとおり私の後ろに・・・
12月15日



本日は雪山でゆっくりし過ぎたため、薬浴はここで済ませます。
那須温泉の足湯。 泉質は硫黄泉です。

ここ数日自宅の浴槽で慣れたのか、ここでも大人しく浸ってました。
アーリーの顔! 気持ちが良いのか!それとも・・・、でもかわいい~~(親ばか)
12月15日硫黄温泉 004


コークは、、、知らんぷり、無視です。
12月15日硫黄温泉 002


この二人のため出社が毎日午後からに・・・
まぁ~、今の時期は暇だからいいですが、世間は不景気? 
このままでは、、、リストラが怖い!!!



スポンサーサイト

テーマ:毎日が”Dog Days” - ジャンル:ペット


那須高原はワンコだけではなく人にもとてもやさしい所です。
自然は勿論、温泉地としても有名です。
周辺には大きく分けて3つの温泉郷(那須温泉郷、塩原温泉郷、板室温泉郷)があります。
その中でも代表的な那須温泉郷の元湯(鹿の湯)は、7世紀前半、約1300年前の舒明(じょめい)天皇の御世に開湯されたといわれます。
狩野三郎行広という者が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していたとか・・・、そこで鹿によって発見された「鹿の湯」と名づけたと伝えられています。
公式には、聖武天皇の御世である天平10年(738年)の正倉院文書のなかに那須温泉の記録が残されています。
江戸時代には、江戸在府の大名はしばしば那須温泉に湯治に出かけたそうです。
正保2年(1645年)に盛岡城主・阿部対馬守より将軍家に出された湯治願が今でも残されています。
また、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の前半に立ち寄った温泉でもあります。
建物は明治時代、玄関は大正時代に建造され、そのままの姿を受け継いでいます。

休日には観光客のために湯もみ娘(一部昔の娘も参加)によるこんなサービスも・・・
温泉


ひなびた木造建築が、時の流れを拒んだかのような佇まい。
はるか昔の日本の原風景にタイムトリップしたかのような感覚になります。(加登屋本館)
温泉 021


・・・で今日もアーリー泳ぎの特訓といきたいところですが、、、
ここ2、3日天候が悪く、川遊びするところ(標高550メートル付近)では気温も23℃と涼しく泳ぐには・・・
そんな訳で軽く遊んで特訓は次回にします。
温泉 017


いつもコークの後を、、、
アーリーはコークのことが大好きなようです。おそらくコークも満更ではないと!(そう願いたいです。)
いずれにしても仲が良いのは嬉しいです。
温泉 003
温泉 012


川遊びのあとは・・・、タイトル通り「温泉へGO!!!」
冷えた体を温めるのは、やはり温泉が一番。
向かうは友人の温泉宿です。

この露天風呂は宿泊者用ではなく家族専用です。
当然温泉は源泉掛け流しで、温度は38度とこの時期ゆっくり浸かるには最高です。
私は勿論浸かりますが、今日はコークとアーリーもお許しが出ましたので3人で入ることにします。
ただ、、、浴槽が深いためコークたちには無理なので掛け湯のみとなりました。
二人ともおとなしくそして気持ち良さそうでした。
次回は浴槽に踏み台を入れて一緒に入ろうね。。。
さあ、、、帰ってお家で一杯しようか!!!
温泉 016
温泉 019

テーマ:毎日が”Dog Days” - ジャンル:ペット



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 那須の冒犬野郎”コークdays”, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。