Recent entries
2015/06/25 (Thu) 奥日光 中禅寺湖
2014/10/05 (Sun) 磐梯朝日国立公園

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★★ 総額”1億円”キャッシュバック! ★★
ゴールデンウィークは、那須塩原市の温泉宿に泊まって 最大3,000円のキャッシュバック!

東日本大震災で宿泊客が大幅に減少している栃木県の塩原、板室温泉街を支援するため、那須塩原市は、宿泊する大人1人(1泊2食)につき3,000円を上限にキャッシュバックするキャンペーンを行ないます。

1億円


【キャッシュバック期間】
平成23年5月3日~5月16日ご宿泊分まで
(但し、期間中であってもキャッシュバック総額が1億円に達した時点で終了とさせて頂きます。)

【キャッシュバック対象】
期間中であってもキャッシュバック総額が
1億円に達した時点で終了とさせて頂きます。
一泊二食付の大人料金に対し、一回限りのキャッシュバックとなります。
キャッシュバック額は最大3,000円で、宿泊料金により、下記表での金額となります。
なお、連泊の場合は一泊分の金額となります。

【一泊あたりの宿泊料金】
キャッシュバック額
■8,000円以上の場合3,000円
■6,000円以上8,000円未満の場合2,000円
■6,000円未満の場合1,000円

塩原温泉地区参加施設 
板室温泉及び黒磯地区参加施設

旅館・ホテルによってはGW期間中でもまだ空き室があるようです。
この機会に是非遊びに来て下さい。
ただ、、、残念なことにワンコOKの施設はございません。




<栃木県安全宣言>

安全宣言

栃木県は豊かで美しい自然景観や温泉に恵まれ、歴史的・文化的資源、地域の魅力的な特産物や工芸品など、様々な観光資源を有しています。こうした魅力をさらに磨き上げ、最大限に活かして「観光でまちを元気に!」するとともに、県、市町村、観光関連団体、そして県民が一丸となって「観光立県とちぎ」を目指しています。
今回の東日本大震災は国民生活に大きな影響を及ぼしていますが、本県の観光地には地震等の直接的な被害、福島第一原子力発電所の事故による影響はほとんどなく、大気も、水も、食べものも「安全で安心なもの」を提供しています。
県としては風評による栃木県の観光地への影響を完全に排除するため、改めて、ここに「とちぎ観光安全宣言」を行うものです。
加えて、本県の観光地は多くの被災者の方々の一時避難所にもなっています。避難されている方々を励まし、ともに「がんばれ日本、がんばれ日本の観光」を確かなものとするため、是非、安全で安心な「とちぎの観光地」にいらしてください。
心から歓迎いたします。

平成23年4月15日                               栃木県知事 福田冨一






震災から1ヶ月以上が経過し、ほとんどのホテルや飲食店も再開し、普段の那須地区に戻りつつあります。
また、私自身もほぼ普段の生活に戻りました。
このGW期間中は休暇を取って、改めて那須を楽しもうと思います。 
もし、、、私やコークたちを見かけたら声を掛けてください。

ただ、5月4日はたかつえ高原(たかつえスキー場)でコークたちを連れて雪遊びに出かける予定です。
「たかつえスキー場」ではGW期間中、ボーダーやスキーヤーたちをリフトの代わりとしてスノーモービルで山頂まで行き春スキーを楽しむ「震災チャリティ」の企画イベントがあります。
お時間のある方は是非たかつえにお出で下さい。

たかつえスキー場

企画詳細はこちらから
また、参加するには事前の予約が必要です。 参加申込みシートはこちらから
詳しくは、たかつえリゾートにお問い合わせ下さい。






【4/25 追記】
現在、たかつえリゾート内のホテル及び周辺のペンション、民宿に200名を越える南相馬市(福島原発の避難者)のみなさんが滞在しています。
中には多くのこどもたちも居ます。
私が行く5月4日に、もし犬好きな子供が居ればゲレンデでコークたちと一緒に遊びたいと思います。
ご一緒に雪遊びやこどもたちと遊びたいという方が居れば是非お越し下さい。
但し、当日参加者からゲレンデ使用料として人数、頭数に関係なく、ひと家族一律1,000円をチャリティとして「たかつえリゾート」を通じて東北復興のため被災地へ寄付したいと思います。
参加する方が居れば連絡をいただければ嬉しいです。
ちなみに参加者が居なくとも我が家は午前10時頃には現地へ行きます。

たかつえ
一週間前の「たかつえスキー場」です。 まだまだ雪遊び楽しめます。


スポンサーサイト

テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報


人の花(観光客)はまだまだ咲き(戻ってき)ませんが、那須高原にも春がきました。
恒例となった板室温泉の鯉のぼり、今年も元気に那珂川をおよいでいます。
(~5月末まで見ることが出来ます。)
春





ちょっと遅い春を見つけに、散策へと出かけてきました。
散策





最後の一輪。葉も大きく伸びた水芭蕉。
雑木林には終わりかけた山野草「カタクリ(下左)」と「ショウジョウバカマ(下右)」も見ることが出来ました。
散策(水芭蕉)
散策(かたくり)散策(ショウジョウバカマ)





散策後に寄った「蕎麦屋」でしたが、震災後からは土日のみの営業との張り紙が・・・
残念。こんなところまで影響が出ているんですね!
散策(からぶき)





古民家におじゃまして、縁側で記念写真を撮らせて頂きました。
散策(スライゴ・アーリーコーク)





今年、葺替えられたからぶき屋根。
これから内装も手を加えるそうです。
散策(からぶき屋根-1)


もう直ぐGWというのに・・・
東日本大震災の影響で自粛や延期が相次ぎ、ホテル・旅館は未だに空室ありの状況。
このまま行くと、今年のゴールデンウィーク期間中の観光地、観光業は最悪になりそうです。

旅行業者JTBが発表したゴールデンウィーク期間中の旅行動向予測によれば、4月24日~5月4日に出発する旅行者数は、1609万人(前年比27.6%減)。
このうち国内旅行人数は約1566万人(前年比27.8%減)、海外旅行人数は43万人(16.6%減)の予想だそうです。
ただ、減ったといっても約43万人は海外旅行へ行くわけだから・・・
私が海外旅行へ出かけられないからと、愚痴や嫉みではありませんが、この43万人が国内旅行に変更し、日本でお金を使ってくれれば、少しでも復興や地域(日本経済)の役に立つのに・・・

テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報


日光国立公園「那須平成の森」が、5月22日(国際生物多様性の日)開園に向けた準備が進めれています。

那須平成の森は、雄大な那須連山の山麓に広がる約560ha(東京ドームの約60倍)の豊かな森、自然とふれあうための場所として開放されます。
平成20年まで那須御用邸用地の一部として近年ほとんど人が立ち入ることがなく、豊かで多様な自然環境が残されており、ブナの自然林などが広がるほか、希少種を始め多くの動植物が生息・生育しています。

那須平成の森





「那須平成の森フィールドセンター」
那須平成の森の中心拠点となる施設です。
利用や自然に関する情報などをご案内するほか、ガイドウォークをはじめ様々なプログラムを実施する予定です。
日光国立公園 平成の森フィールドセンター





真新しい石碑の前で記念写真(左からアーリー、コーク、スライゴ)
日光国立公園 平成の森 アーリー、コーク、スライゴ





「ふれあいの森」散策道入口より
標高1,000~1,150メートルの範囲に広がる比較的明るい広葉樹林です。
フィールドセンターから駒止の滝観瀑台(1,2㎞)までは標高差約110メートルの緩やかな登り道になります。
ミズナラやリョウブ、サラサドウダンなどの木が多く目立ちます。
日光国立公園 平成の森 地図
日光国立公園 平成の森 駒止の滝入口日光国立公園 平成の森 散策
平成の森「公園マップ拡大」(印刷用PDF)





カタクリの花が開くのもまじかです。  (左下の写真:エンレイソウ  右下の写真:アズマイチゲ)
日光国立公園 平成の森 カタクリ
エンレイソウアズマイチゲ
平成の森-2

大正15年、那須に設置された御用邸は、天皇皇后両陛下始め皇族方のご静養・御研究の場所として、宮内庁所管の皇室用財産として管理されてきました。

素晴らしい那須御用地の自然環境が、この先100年変わらない姿でありますように・・・「100年の願い。」


テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報


今回の登山ルートで一番きつい場所。

斜度40度近い斜面を300m程登ります。

めちゃくちゃきつく、辛くても目的である頂上さえ見えればがんばれます。

でも、そう簡単には目的地へと行かせてくれないようです。

もう直ぐ頂上というところで、

斜面上部に長さ約50m、幅40cm程のクラックが走っているのが確認。

表層雪崩がいつ起きてもおかしくない状態です。

遠まわりですが斜面の裏側に回りこんで登ることに、

 

すべて順調には行かない、

今、復興でがんばっている被災地(東北地方)、

昨夜の最大余震“震度6強”のように・・・

負けないで、負けません。



がんばろう日本

殺生石から茶臼登山ルート-10







今日の登山ルートは、残雪が残るこの時期に登るのは初めてです。

「殺生石→ロープウェイ山頂駅→ファミリーゲレンデ→殺生石(約9km)」


今日も茶臼岳の頂上目指して・・・「行くよ!」

殺生石から茶臼登山ルート-4




最大斜度40度! ここは頑張りどころです。

殺生石から茶臼登山ルート-7



クラック発見! 表層雪崩の危険!
殺生石から茶臼登山ルート-6
三人



裏の尾根へと、迂回します。

殺生石から茶臼登山ルート-14





山頂到着。

辛く苦しい道のりも、目的を果たせば・・・・
笑え、楽しいものです。
きっと・・・

2011.04 茶臼登山初ルート-1


震災後、たくさんの友人、知人、または面識のない方からも・・・

     応援のメール、電話

     子供服、絵本、おもちゃ

     犬用クレート、ゲージ、トイレシート、など送っていただき、

また、閑散とした那須にわざわざ遊びに着てくれた人たち、

これから来る人たち

ほんとうにありがとうございます。

改めてお礼申し上げます。

 

私自身も、「ひとりじゃない」って・・・

こんな事がないと感じることも、気が付くこともないなんて

・・・とても恥ずかしい。


絆



テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報


雪解けと共に春を迎える那須のはずが・・・
今年はちょっと違います。

「遊・食・宿」をテーマとした那須高原は震災の日以来、人も走る車もなく真冬に逆戻りです。
「遊」のどうぶつ王国、ハイランドパークといったレジャー施設は余儀なく閉鎖。
「食」のレストランでは建物の補修、食材の不足等で一時閉店。
「宿」の旅館・ホテルでは相次ぐキャンセルで宿泊者ゼロの日も・・・
そして那須ガーデンアウトレットもクローズとなり、那須全体が閑散としていました。

でも・・・
そんな中、営業時間短縮でアウトレットが再開、4月1日に那須ロープウェイも運行を始めました。
4月2日からは那須どうぶつ王国も土曜日・日曜日のみ開園しました。
那須ハイランドパークは4月16日から開園予定と各施設等はゴールデンウイークを目指し順次再開準備を進めています。

遊びも、旅行も、飲食も・・
被災者の事を思うと自粛する気持ちは十分理解できます。ただ萎縮はしないでほしいです。
人が動く事で経済も動きます。
復興のためにも・・・

2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 024





これから多くの登山者を迎える茶臼岳。
地震による崩落等がないか確認しながらコークとふたりで登山へと行って来ました。
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 023





今の時期、例年なら圧雪され比較的歩きやすい登山ルートも最近まで降り続いた湿った重い雪の性で、足元は沈み、今日はキツイ登山になりそうです。
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 001





茶臼岳山頂。
大丸温泉 →  峠の茶々 → 峰の茶屋(避難所) → 茶臼岳山頂(旧火山)までの登山ルートでは大きな崩落などもなく今までのルートで上る事が出来ました。
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 016
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 018
茶臼岳山頂ではコークとともに遅い朝食。 コーヒーを飲んで出発。





茶臼岳(旧火口)を1周して牛が首までの登山ルートを確認に・・・
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 019
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 003





牛ヶ首から望む山々。
ここまでの登山ルートも無事でした。
問題は朝日岳へ向かうルートの楔(くさび)の場所が心配です。
今年は残雪が多く今入るのは危険ですので、もう少したってから見に行きたいと思います。
2011.04.01 茶臼岳登山ルート視察 007

那須高原は観光地です。
これからの時期、登山を楽しむ人、散策を楽しむ人、温泉を楽しむ人、家族で休暇を楽しむ人、ペットを連れて雪遊び、川遊びを楽しむ人たちと・・・
GWを多くの方たちに来ていただき、一日も早く子供たちの声、笑顔が早く戻ってくるよう頑張っています。
那須のマイスターとは言いませんが、那須の楽しみ方、美味しいお店、秘密の場所など私の知りうる情報を教えます。
那須旅行を計画をしている人、遠慮なくご連絡下さい。(必ずご返事します。)

東北地方は勿論、那須にもみなさんの元気を下さい。


テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 那須の冒犬野郎”コークdays”, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。