Recent entries
2015/06/25 (Thu) 奥日光 中禅寺湖
2014/10/05 (Sun) 磐梯朝日国立公園

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月10日、現地にて打ち合わせし、今季開催内容が決まりました。
開催場所は昨年と変わりたかつえスキー場スペーシア側の土地約30,000坪(東京ドーム約2.8倍)に特設コースを造り、スノーシューやスノーモービル(ソリ遊び等)で遊ぶことになりました。
尚、トイレですがスノーシュー特設コース入口からスキー場(スペーシアドーム)内のトイレまでは100メートル程となりますのでご安心ください。
また、1月15日(土)開催分につきましては晴天が望めそうもありません。
当日の天候によっては昼食はスペーシアドーム内レストランにて各自自由に取っていただきます。
その場合、参加費に含まれている昼食代1,000円(子供は600円)はお返しいたします。


1月10日に特設会場の下見とトレッキングコース造りをしてきました。
トレッキングコース半分をラッセル車にて圧雪。残りは後日行います。
会場




圧雪していないところはスノーシューを履いてもこの通り。
現在の積雪は130cmとなっています。
積雪150cm
スノーシュー特設会場





当日、車の駐車はスペーシアスキー場駐車場をご利用していただきます。
駐車する場所は一番奥右側にお願い致します。(この位置はコースに一番近いところです)
スペーシア駐車場





当日の受付はスペーシアドーム入り口にて午前10時より行います。
(現地に早く着いた方は特設会場にて遊んでいただいてもOKです。)
スペーシア 受付場所




駐車場よりスノーシュートレッッキングコースまで約100m程、下った先がコース入り口です。
この区間はリードをしての移動となります。
駐車所から会場まで





ここが敷地30,000坪(東京ドーム2.8倍)の犬と遊べるスノーシュー特設会場(コース)です。
特設会場
たかつえスノーシューコース
特設会場 たかつえ





圧雪したコースを楽しむ我が子3人です。
特設会場にて






今回の特設会場の広さは東京ドーム2.8倍(30,000坪)といえ、昨年の会場となったゴルフ場からすると小さく感じるかもしれません。
また、本格的なクロカンやスノーシューを楽しむ方には物足りなさも感じます。(私は・・・!)
そんな方には午後よりゴルフ場も開放しますので当日ご相談下さい。
(但し、圧雪等なにも管理をしていませんので個人の責任にてお願い致します。)

雪道は飛ばさずゆっくりと安全運転でお越し下さい。
受付時間に遅れても大丈夫ですので、安心してきてください。(*遅れる場合は直接お電話下さい)

ちなみに今日現在まで、1月15日に参加申し込みされた方は、大人41名・子供3名(イヌ41頭)です。
では、当日現地にてお待ちしています。
お待ちしています


当日の服装についてですが、化繊やウールのインナーを着た上に、フリースを一枚着て、その上にスキーウェアや登山服などを着るのがスノーシューのベーシックな服装です。
また、下記の小物は必要アイテムですのでご用意ください。

○靴
スノーシュー専用の靴はありません。
防水・防寒性のあるスノーブーツが良いでしょう。
ホームセンターなどで売っている、暖かくて軟らかい、安めのブーツで充分です。
雪の中を歩くので足元が冷えたり、濡れてしまう事も良くあります。
形はくるぶしまで覆ってくれる、ハイカットのものを選びましょう。
温かく、雪も入りづらいのでハイカットがお勧めです。
その他、
1.雪山対応の防水防寒性トレッキングシューズ(ハイカット)や登山靴
2.スノーボードブーツ(スキー用は硬くて適当ではありません)

○帽子
風に吹かれると、体温は頭や首からどんどん逃げていきますので、帽子はしっかり用意しましょう。耳は非常に冷えやすいので耳までしっかりカバーできる帽子をお勧めします。寒がりの人は首に巻くネックウォーマーやマフラーなどもあるといいですね。暑くなってきたら外せば、簡単に体温調整出来ます。

○手袋
スキーやスノーボード用があればいいでしょう。
代用品として軍手などはやめましょう。軍手は網目も粗く風を通します。素材も木綿でできているので濡れると乾かずに、どんどん指先を冷やし霜焼けや凍傷になる恐れがあります。

○靴下
出来れば綿製品のものは避けましょう。ポリエステルやウールの化繊の物を選びましょう。

○下着
木綿の肌着やロンTなどは、汗を吸ってしまうと濡れたままなので、体を冷やしてしまいます。
化学繊維やウールでできたインナーや肌着を使ったほうがいいですね。

○サングラス(ゴーグル)
晴れている日は雪が反射して眩しいので、目を保護する為に必要になります。
吹雪いてる日などは目を開けていられないこともあるので、やはり必要になります。

*上記の者が用意できない方、または忘れた時はたかつえスキー場スペーシア内の売店でも購入する事が出来ます。
(安い物もありますのでご安心下さい。)


【追記】
今年1月より土曜・祝日等のみですが那須塩原駅より那須アウトレット経由たかつえスキー場までの無料送迎バスの運行が始まりました。
現在のところ小動物は乗せることは出来ませんが、人間だけならOKです。
詳しくは→こちら

スポンサーサイト

テーマ:愛犬と楽しむアウトドア - ジャンル:ペット



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 那須の冒犬野郎”コークdays”, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。