Recent entries
2015/06/25 (Thu) 奥日光 中禅寺湖
2014/10/05 (Sun) 磐梯朝日国立公園

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水資源豊富な栃木県 「治水利水を考える会」では・・・

先月は群馬県水上に視察、そして今回は同県、日光市(旧川治、鬼怒川、湯西川等)へと視察に行ってきました。
川治ダムではダム湖を利用し、水陸両用バスを4年前より運行し年間2万人以上の来場者が来ています。
この様なダム湖を利用し誘客に繋げる動きは震災地宮城県でも始まり、復興のためと7月より仙台市の釜房ダム湖で同様の水陸両用バスの運行が始まりました。
運行より5ヶ月が経ちますが予想以上の来場者があり、周辺の温泉地(秋保温泉・遠刈田温泉)もお客様が少しずつではありますが戻ってきているそうです。
(ちなみに水陸両用バス1台の価格は8千万円だそうです)

那須地域でも来年4月から深山ダム見学ツアーや、水陸両用バスとはいきませんが、板室ダム湖でカヌー、カヤック体験ツアーが行なえるよう所轄官庁、県等に働きかけ現在進めています。

来年早々にでも朗報が届けられるようみんなで奮闘中です。

今回の視察「川治ダム」は、利根川水系上流にあり、洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水や都市用水の供給を目的につくられた国内で第4位の高さ(堤高140m)を誇ります。
半永久のダム。そのことから鉄を一切使用しないアーチ式コンクリートダムの「川治ダム」の堤長は320m、コンクリートの一番厚い部分(底)は26mもあります。
ダム内部も視察してきました

川治ダム





エレベーターで60m下まで降り、ダムの内部も見学。
数百メートル先まで伸びるトンネルは山の内部までと続いています。
川治ダム3





トンネルを抜けるとダム堤の中間に・・・
川治ダム1





足元を見ると・・・
甲子柄の鉄製道路は底が丸見えで足がすくむ人も居るほどの高さです。
川治ダム4





ダム見学が終わると、水陸両用バスで川治ダム湖クルージングです。
視察





平日の時雨れているこの時期に、なんと定員40名のバスは満席です。(凄い!)
気温6℃。50キロで走る窓の無いバス(オープンカー)に、一番後ろに乗った私。
冷たい風をおもいっきり顔に受け、体感温度は、氷点下!!! めちゃくちゃ寒かったです。
川治ダム5





一般道を10分ほど走り、いよいよ車から船へと変身です。
水しぶきを上げ湖へと、乗客みんなで歓声を上げこどもの様です。
これは正しくアドベンチャー気分です。
川治ダム7
川治ダム11





時速9ノット(17キロ)で湖面を1周。
穏やかに進む船は揺れも無くこれなら船酔いする人も大丈夫です。
川治ダム8





この後、いつもお世話になっている「ネイチャープラネット」さんが運営する小網ダム湖にてカヌー体験をさせて頂きました。
川治ダム13
川治ダム15

紅葉も終わり冬を迎える川治温泉。
ここでのカヌー体験は今月末までで来年4月中旬までお休みとなります。
でもネイチャープラネットのスタッフみなさんは冬も元気です。
スノーシューに登山、フィッシングなどなど冬のイベントも盛りだくさんだそうです。
冬の自然体験等に興味のある方は相談してみては・・・
ちなみに、鬼怒川か那須で合同スノーシューを計画中です。
勿論イヌたちも一緒に。。。

スポンサーサイト

テーマ:那須高原 - ジャンル:地域情報



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 那須の冒犬野郎”コークdays”, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。